MS処理について

数式で一般的に表した場合のMS処理です。

定義

I_L…入力信号の左成分。
I_R…入力信号の右成分。
O_L…出力信号の左成分。
O_R…出力信号の右成分。
a…MS調整用パラメーター。0に近いほどMid寄り、1に近いほどSide寄りになります。
入力信号、出力信号ともに大きさは-1~1です。

V_MをMid成分、
V_SをSide成分と置くと
\[
V_M = I_L + I_R \\
V_S = I_L - I_R \]
となります。出力は
\[
O_L=(1-a)\times V_M+a\times V_S \\
O_R=(1-a)\times V_M-a\times V_S \]
となります。
aを調整することで、ステレオ感を出したり、モノラルにしたりできます。

参考サイトさん

oto-hako.net